« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月30日 (火)

午後出勤

 昨夜は組合の執行委員会で帰りがとても遅くなった。組合大会まであと一ヶ月、それが終わるまでは大変だ。そのようなこともあって今日は午前中、半休をとり午後から出勤した。たっぷり寝たおかげで体調は抜群であった。今後、毎週火曜日は午後出勤にしたいな。

 今日ももちろん「ものしり英語塾」を聴取。「暑い」は「hot」だけでなく、「muggy」(蒸し暑い)も使おうと大杉先生が言われていた。熊本の夏は「muggy」だが、今年は涼しくなるのが早い。もう秋の気配が漂い始めている。

 明日は3週間ぶりの社内英会話。楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月29日 (月)

2人の衆議院議員候補

 金曜、土曜と飲み会が続いた。飲んだくれの日々を送っていた(笑)ので日曜日の夜になってやっと更新!

 土曜日は熊本1区の自民党衆議院議員候補のK君に会ってきた。熊本の人はすぐに分かるだろうが、彼は公募で選ばれた自民党公認候補なのである。しかも私とは高校時代の同級生。というわけで、「K君を励ます会」というものに参加してきたのである。

 そのつい3日前は同じ熊本1区の民主党公認候補のM氏と会ったばかり。なんと私は組合役員の立場上は民主党のM氏を応援しているが、高校の同級生という立場では自民党のK君を応援しているという複雑な状況にあるのだ。といっても私は熊本2区なので選挙権はないのではあるが、とにかく今回の選挙は私にとっては非常に注目度の高いものとなっている。M氏は強いが、K君にも頑張ってもらいたい。片方が比例復活でダブル当選ということになれば私の立場上大変ありがたいのだが。。

 さて、今日は車の点検に行った後、紀伊國屋書店によりOxford Bookwormsシリーズの本を3冊購入した。英文読書100万語突破へ向けて少しずつ読書を進めていこうと思っている。

 今日は初めてEdyカードを使用した。熊本の街は電子マネーEdyの導入が早く進んでいていろんなところで現金いらずの買い物ができるのである。私も今回やっと使ってみたわけであるが、小銭がいらないので本当に便利だと思った。

 さて明日からの1週間も仕事、組合、英語にと頑張っていこう。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月25日 (木)

助動詞のイメージ

 NHK「ハートで感じる英文法」を視聴。今日のテーマは「助動詞」であった。「must」、「can」、「may」について学習。特に「must」と「have to」の違いを分かりやすく解説してくれた。

 「I must have my hair cut.」と「I have to have my hair cut.」という文はどちらも「髪を切らなきゃ」という意味だが、以下の4通りの状況ではどちらを使うであろうか?

 ①会社の上司に言われたとき
 ②学校の規則があるとき
 ③髪型が気に入らなかったとき
 ④枝毛があることに気付いたとき

 答えは①②が「have to」、③④は「must」である。「外からの圧力」を感じて「~しなきゃ」となるのが「have to」、「自分の中からの圧力」で「~しなきゃ」となるのが「must」なのである。

 この違いについては大学時代に英語の達人W君から教わったので知っていたが、果たして英会話の時に自然と使い分けができているかどうかは疑問である。これを機に意識して使い分けることにしようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月24日 (水)

社内英会話休講・・・

 今週はJ先生がカナダ帰国中のため、社内英会話は休講であった。どっちみち今日は組合関係の会議があったため、英会話には出席できないところであった。

 その組合会議には熊本1区から衆院選に出馬するM候補が来られた。労働組合は民主党を支持しているので、こうしてよく来られるのである。国会議員と触れ合うことは非常に刺激になるものだ。

 社内英会話がない分、「コエダス・アドバンス」の音読を頑張った。口がなまらないようにしておかないと急に英会話はできないからなぁ。

 今夜の「トリビアの泉」では興味深い「トリビアの種」があった。「電車男のように、秋葉原で男にからまれている女性を助けてくれる人は、100人中何人か?」というもの。実際に実験をしてあるのだからおもしろい。たぶん少ないだろうなと思ったが、なんと「100人中69人」が助けてくれたという。7割とはすごい。アキバ系おたくも勇気があるんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月23日 (火)

連休も明けて

 昨日から仕事が再開しているわけだが、土日にのんびり過ごしたおかげか、体調はとてもよい。連休明けのつらさもなく順調に仕事ができている。

 今朝も「ものしり英語塾」を聴きながら出勤した。B&B(bed and breakfast)の話の中に「en suite」という言葉が登場した。大杉先生でさえイギリス留学するまで知らなかったというくらいの言葉なので当然私も知らなかったが、「バス付き」あるいは「バスルーム付き」という意味とのことであった。へぇ~。

 roundabout(ラウンダバウト)というロータリー交差点の話も出てきた。これは交差点がロータリーになっていて信号なしで各方面からの車をさばける便利なシステムなのである。私もドイツでこの方式の交差点を何度も見たことがある。実に合理的なシステムである。大杉先生も言われていたが、日本にも導入すればよいのにと思う。

 さぁ明日もがんばって行きますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月22日 (月)

夏休み終了

 長かった夏季休暇も今日で終わり。寂しい気もするが、思いっきりリフレッシュできたので明日から仕事を頑張る気力も湧いてきた。昨年のGWからずっと連休中はなんらかの出勤があったので、連休らしい連休はホント久しぶりだった。

 この連休中は英語の本を3冊読破することができたし、「コエダス・アドバンス」の音読もできたし、英語学習の面からもよく頑張ったと思う。明日からも頑張っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月19日 (金)

熊本へ

 今日は福岡にちょっと寄り道して熊本に戻った。よく歩いた3日間だった。とにかく暑かったので、水ばかり飲んでいた。帽子はかぶっていたけど、だいぶ日焼けしているようである。今夜はゆっくりして疲れをとろうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山口にて

 今日(8/18)は宮島の厳島神社へ行ってきた。ここも中学校の修学旅行以来である。厳島神社は、国宝でかつ日本三景のひとつ、さらには世界遺産にも登録されているというスーパー観光地である。

 今日も平日というのに多くの観光客でにぎわっていた。神社は去年の台風の被害で痛々しい状況になっていた。1年近く経った今もまだ修復中なのである。鹿がいっぱいいて、私が持っていたソフトクリームを取られてしまった。油断大敵である(笑)

 その後は山口へ。初めて山口市内を訪れたが、広島とは打って変わって静かな街であった。特に見たい場所はなかったのだが、県庁所在地は一度は訪れておきたいという気持ちから来てみたのである。脚も疲れていたので早めにホテルにチェックインした。

 10時から「電車男」を見ようと思ってテレビをつけたのだが、あれれ・・・。ない、ないのである。電車男が放送されていないのだ。山口では別の時間帯に放送しているのか!? とにかく今夜電車男を見ることはできなかった。自宅でタイマー録画を入れていたからよかったものの、あやうく見逃すことになるところであった。

 11時10分からの「3ヶ月トピック英会話」はちゃんと視聴できた。今日のテーマは「未来形なんてない」というもの。「will」と「be going to」の違いを分かりやすく解説してくれた。「その場で決める」のが「will」、「以前から決めていた」のが「be going to」なのである。来週も楽しみだ。

 明日は熊本に戻る予定である。

 PIC_0055PIC_0056今日訪れた厳島神社の大鳥居と鹿たち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月17日 (水)

旅行中

 広島に来ている。昨日、ふらっと出かけようかと書いたが、本当にふらっと広島まで来てしまった。中学校の時の修学旅行以来20数年ぶりである。ほとんど記憶が途絶えていたのでまた来てみたかったのである。

 広島も暑い暑い。お昼から広島城、市民球場、原爆ドーム、平和公園・・・とずっと灼熱の中を歩き回った。広島も活気のある街だ。先月訪れた仙台と同じくらいの規模かと思われる。平和記念資料館には多くの人が見学に訪れていた。やはり原爆は悲惨だ。外国人も多くいたが、どのように感じているのか大変気になった。

 夜はお好み焼きを食べた。もちろん広島焼きである。おいしかった。明日は山口に行く予定だが、まだ泊まるところすら決めていない。これからネットで探してみたいと思っている。

 英語はちょっとお預けの一日であった。

   PIC_0008       

 今日訪れた広島城

PIC_0017 20数年ぶりの原爆ドーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月16日 (火)

連休4日目

 熊本は今日も暑い! 連休4日目となると体がなまってくる。長期休暇がちゃんと取れたのは久しぶりでもあるし、明日からぶらっと出かけようと思っているところ。と言ってもまだ何も準備をしていないのであるが。

 3日連続でOxford Book Wormsシリーズの本を読書。タイトルは「Remember Miranda」。このシリーズ、タイトルが面白くなさそうな本ほど実際読んでみると面白い。今日読んだこの本はちょっとしたミステリーものでかなり面白かった。400語レベルという限られた語彙でここまでスリリングな物語を書けるのにはいつもながら驚き。これで読破総語数が84,000語となった。まだまだ先は長いが頑張っていこう。

 「コエダス・アドバンス」2回目の課題の結果が帰ってきた。またも満点で「実力あり」との判定。これでは通信教育の意味がないが、簡単なテストなんだから仕方ない。よくよくパンフレットを見直してみると、「アドバンス」なのに「TOEIC550点レベル」とあった。あれれ。

 「ものしり英語塾」テキスト9月号を購入。大杉先生のコーナーは「比喩表現」と「野球用語」を取り上げるようだ。楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月15日 (月)

今日も英文読書

 今日は久しぶりに朝マック。ソーセージエッグマフィンを食べながらいろいろと読書。100万語読破シリーズもこの夏3冊目に突入。今日は「Sherlock Holmes and the Duke's son」という本を読んだ。大好きなシャーロックホームズシリーズである。いつもながらこんなに簡単な語彙でここまでスリリングな物語が書けるんだなと感心する。

 その後、公園のベンチに座り、「コエダス・アドバンス」のテキストをひとり音読。時々こうやって公園のベンチに座って声を出しているのであるが、他の歩行者から見ればさぞ変わり者に見えるであろう(笑) いや英語の達人になるには変わり者と思われるくらいでなくてはなるまい、と自分に言い聞かせて頑張る私であった。

 そしてミスド、ガストと場所を変えながらも読書をしていった。もちろん英語以外の本もいろいろと読んで勉強した。明日もこんな感じだろう。明後日はUターンラッシュも一段落するだろうからブラっとどこかに出かけたいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月14日 (日)

英文読書

 お昼から例によって街ブラ。下通アーケードの屋根が久しぶりに開いていた。こういう天気が良い日はオープンにした方が気持ちよくていい。紀伊國屋書店に寄り、Oxford Book Wormsシリーズの本を3冊購入。「A Ghost in Love」、「Remember Miranda」、「Sherlock Holmes and the Duke's son」という3冊だ。100万語読破シリーズの一環である。

 ガストに入ってドリンクバーを注文し、買った本を読書。「A Ghost in Love」を読んだが、これはつまらなかった。3本立てになっていたがどれもオチがなく「何だったの?」って感じになるのである。他の2冊は明日以降読むことにした。とにかくこれで読破総語数が約70,000語となった。目標の100万語のまだ7%である。100万語達成した時の変化を期待して頑張っていこうと思う。

 その後はさらにガストで「コエダス・アドバンス」のテキスト学習。いつも車の中で聴いているだけなので、たまにはテキスト学習も必要だ。より理解を深めることができた。

 さて、明日も頑張っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み

 今日(13日)から夏休みである。本日はお盆なので家族全員でお墓参り。ご先祖様を供養した。その後、母の実家で親戚会。昼間からご馳走だったのでお腹いっぱいになった。バタバタしてて今日の英語学習はお休み。明日から頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

いよいよ夏休み

 今日は本社でTQCの全社大会。座って見てるだけなので楽勝であった。

 本社勤務のためゆっくり出勤。そのためラジオの時間が合わず通勤中に「ものしり英語塾」を聴くことができなかった。それで今日は久しぶりに録音しているMDで聴くことになった。

 松本先生の語法塾では「meet」の用法について取り上げてあった。「I'd like to meet you Wednesday afternoon.」のように、「事前に約束して出会う」という意味を伝えたいときはseeではなくmeetを使うとのこと。そうなんだと納得。この講座も「ハートで感じる英文法」同様、目からうろこが多い。

 明日からいよいよ夏休み。一週間フルに休めるのは久しぶりである。ゆっくりしたい。英語も頑張るぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月11日 (木)

進行形のイメージ

 今日までで夏休み前の仕事は実質終わり。明日はTQC大会という全社イベントがあるので実質お休みのようなもの。というわけで早くも夏休み気分である。今年は久しぶりにフルに休めそうだ。うれしい。

 今夜はもちろん「3ヶ月トピック英会話~ハートで感じる英文法」を視聴した。今日のテーマも「進行形」。今回は「~ing」が動名詞になる場合でも現在分詞になる場合でも基本的なイメージは変わらないという話をされた。

 「Talking in the library is not allowed.」と動名詞を使えば、今まさに図書館でおしゃべりをしている感じであるのに対し、「To talk in the library is prohibited.」と不定詞を使うと、図書館の入り口の注意書きのような感じになるという。動名詞は生き生きとした感じなのに対して、不定詞は漠然とした感じになるのである。訳すると同じだがこうもイメージが違うのである。

 学生時代、「enjoy」のあとは不定詞ではなくて動名詞と習ったが、これもイメージを浮かべるとすぐに理解できる。生き生きとしたものは楽しめるが、漠然とした感じのものを楽しめるはずがないのである。これはまさに目からうろこであった。

 次回も楽しみである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月10日 (水)

電子辞書EX-WORD

 社内英会話に出席。夏季休暇前最後の英会話である。はりきって参加した。今日の話題は「郵政民営化」、「衆議院選挙」、「スペースシャトル帰還」などニュースネタが多かった。「郵政民営化」は英語では「postal privatization」である。「毎日デイリーニュース」をブラウザのトップページにしているのでこの辺の単語はすぐに出てくる。

  土曜日に購入した電子辞書「カシオEX-Word」が今日から大活躍。ロングマンの英英辞典が載っているので大変重宝する。単語の微妙なニュアンスは英英辞典の方が分かりやすいのだ。あと複数辞書検索が使えるのもうれしい。例えば「kind」と入力すると、英和辞典、英英辞典、類語辞典のすべての検索結果が表示されるのだ。2万円も出して買った価値はあった。

 「What's new?」の答え方に「As fine as can be.」という言い方があることをJ先生が教えてくれた。「ぴんぴんしている」という意味らしい。いつも「fine.」じゃつまらないから、元気バリバリのときは使ってみよう。

 来週は会社の夏季休暇のため英会話はお休み。再来週はJ先生帰国中のためお休みである。次の授業まで3週間も間があくので口がなまらないように音読トレーニングを頑張りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

CNN

 昨日の今日であったので午前中は眠かったが、お昼寝をして復活。午後からはがんばった。夜はCNNでスペースシャトル・ディスカバリー帰還のニュースを見た。CNNでも「Breaking news」としてトップ扱いであった。無事に帰還できて何よりである。バックグラウンドがあるニュースは聞きやすいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2005年8月 9日 (火)

眠っ!

 今夜も執行委員会で遅くなった。さすがにもう眠っ! 今日の大杉先生の「ものしり英語塾」はロンドンの公共交通機関の話。イギリスでは地下鉄のことを「Underground」とか「tube」とか言うのはご存知の通り。「subway」は「地下道」になってしまうのである。「tube」は「チューブ」と発音されるようになってきているらしい。毎回得るものがある講座だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 8日 (月)

福岡へ

 今日は福岡へ行き、再び「美女と野獣」を観劇。やぁ、すばらしかった。何度見てもこの作品はいい! 感動した。博多への行き帰りの特急の中で「The Coldest Place on Earth」の続きを読み切った。約10ヶ月ぶりのOxford Book Wormsシリーズの完読であった。合計で10冊、65,000語を突破した。これからまた読書量を増やしていきたと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 6日 (土)

英文読書100万語に挑戦、再開!

 土曜日だが朝早く起床。散髪に行った後、今日も街ブラ。とても暑い! 汗をかいたので喫茶店へ。最初、鶴屋東館のサロン・ド・シャトーで読書をしていたが、あんまり落ち着かなかったので、すぐにスターバックスに移動した。

 ついに「英文読書100万語に挑戦」シリーズを再開した。以前もブログに書いたが、Oxford Bookworms Libraryシリーズを読むことにしていたのである。今日読んだのは「The Coldest Place on Earth」というタイトルの本。タイトル的にはあまり面白くなさそうだったが、そんなことはなかった。

 南極点人類初到達を競ったアムンゼンとスコットの2人の物語なのである。この話は結構有名で、以前聞いたことがあったので英文もすっと頭に入った。そんなに長くはない物語だが、スタバでは最後まで読まず家に持ち帰った。これから続きを読もうと思っている。

 今日は電子辞書「Casio EX-WORD」を購入した。以前持っていたEX-WORDは壊れてしまってこの半年くらい不自由していたのである。今回のは英英辞典も入っているから重宝しそうだ。大事に使おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 5日 (金)

週末

 今週も金曜日。一週間の仕事があっという間に過ぎ去った感じがする。それだけ充実していたということであろう。

 今日から通勤中に「コエダス・アドバンス」第3巻を聴き始めた。簡単すぎるとさんざん言っている「コエダス」だが、それでも1巻より2巻、2巻より3巻と少しずつ難しくしてあるような気はする。今月もスラスラと自然と口に出るようになるまでリピート練習しよう。

 通勤中、このCDを聴いているわけだが、7時45分からはラジオに切り替えて「ものしり英語塾」を聴取する。今日は松本先生の文法コーナーになるほどと思うことがあった。今日のテーマは「see」であったが、この単語は普通「自然と目に入ってくる」という意味で覚える。しかし、話し手がgo(行く)を強く意識している場合は、「意識的に見る」という語として使われることもあるそうだ。

 例文として「Go (and) see who's at the door.」が挙げられていた。確かにこの場合の「see」は「意識的に見る」という意味で使っている。今日も目からウロコのものしり語法塾であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コエダス第3巻

 コエダス・アドバンスの第3巻が送られてきた。先週、第2巻の課題を終えたばかりだったのでちょうど良いタイミングだ。先月号は「旅行」中心の会話だったが、今月号は「会社」にまつわるさまざまな場面が取り上げてある。役に立ちそうなフレーズが多く載っていた。早速明日から通勤中に聴いてみようと思う。

 木曜日は「3ヶ月トピック英会話」が楽しみである。「電車男」の放送の後だけに見逃すことはなくなってきた。今日のテーマは「進行形」。進行形のイメージは「躍動感あふれる行動の真っ最中」というものである。

 最初に「The car was stopping.」という文章が出てきた。イメージの湧きにくい文章だが、最後にはこれが生き生きと感じられるようになるから不思議だ。「The car was stopping, but it couldn't avoid the cyclist.」と後に続く文章があると分かりやすい。「車は止まりかけていた」という意味だが、それがリアルにイメージできるのである。

 この講座、本当に面白い。来週も楽しみだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年8月 4日 (木)

爆睡

 昨日は気がつくと眠っていた。よって会社からのブログ更新。

 昨夜は社内英会話に出席。久しぶりに1時間フル参加することができた。話題は一昨日の羽田空港の管制塔トラブルについて。クラスメイトのKさんは東京出張時にちょうどこのトラブルに巻き込まれたらしい。羽田に着陸できず、中部空港に緊急着陸したとのこと。その後、トラブルが回復し、再び離陸して羽田まで行ったそうだ。貴重な体験だったそうだ。

 他にもいろいろな話題で盛り上がったが、仕事が始まるのでこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 2日 (火)

眠い火曜日

 月曜の夜はいつも遅くまで組合の執行委員会なので、火曜日は眠くて仕方ない。今日も仕事中あくびばかりしていた。いけないとは思うが、致し方ないのである。10月から私が書記長になればもう少し委員会の時間を早く切り上げるようにしようとは思っているのだが。。

 「ものしり英語塾」は通勤中の車内で聴くのが習慣になってしまった。一回の放送を二度聴くのでよく頭に入る。今日も大杉先生の講義を聴きながら通勤した。近頃、イギリスの若者の間では、「Cheers!」という挨拶がはやっているそうだ。「Thanks」の意味と「Good-bye」の意味を兼ねているらしい。来月イギリスに出張する先輩がいるから教えてあげようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コエダス課題

 今日(8/1)も執行委員会で遅くなった。

 昨日、コエダス・アドバンスの2回目の課題を仕上げた。課題と言っても簡単なものでわざわざやるほどのレベルでもないのだが、これを出さないと会社からの通信講座補助がもらえないのでやっている。

 1回目の課題のテスト結果も帰ってきたが、満点で「実力あり」とのコメントが載っていた。しかしこんな簡単な(たぶんTOEIC500レベル)のテストで「実力あり」と言われても全然うれしくない。アルクの講座はもう少しレベルが高いことを期待していたのだが、この講座に関しては簡単すぎるようだ。でも音読する量は増えてきているのでそれはいいことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »