« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月31日 (月)

一日100アクセス!

 この週末は2日連続の飲み会であった。土曜日は同級生のK衆議院議員の祝勝会。選挙以来、同級生と飲むのは初めてであったので、大いに盛り上がった。最初は私の隣の席にK君が座っていたので、熊本の活性化に関する要望をいろいろと言っておいた。彼も私と同じ意見であり、真摯に受け止めてくれた。今後の彼の活躍に期待したい。

 日曜日は熊本にできたばかりの手羽先の店「世界の山ちゃん」に行ってきた。名古屋名物ということで、名古屋の人なら知らない人はいないというくらい有名な店。その店が九州初出店ということでさっそく行ってみたのである。これが、おいしいのなんの! こんなにおいしい手羽先は初めてというくらいおいしかった。揚げ具合といい、コショウのピリピリ感といい最高であった。癖になりそうな味である。

 さて、この一週間、大杉先生の講演会特集をやってきたが、火曜日には本ブログへのアクセス数が100を突破した。5年近くホームページを運営しているが、一日100アクセスを越えたのは初めてのことである。改めて大杉先生のパワーを感じてしまった。一日100アクセスというのは私の目標でもあったのである。アクセスして下さった皆様にも感謝!である。これからも魅力のあるホームページ作りを意識していきたい。

 さて今週は木曜日が祝日なので気分的にかなり楽である。また一週間頑張っていこうと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月29日 (土)

講演会終了後の出来事

 大杉先生の講演会から一週間が経った。この一週間も毎日7:30に出勤し、誰もいないオフィスで一人英文音読に励んだ。講演会後ということで、モチベーションも上がっている。これを持続したい。

 大杉先生の講演会シリーズはそろそろネタが尽きてきたので、おそらく今日が最後になると思う。本日は、講演会後の出来事について。

 講演会終了後、質問コーナーで2番目に質問したEさんが私に話しかけてきた。「あの、Eと申しますが、ちょっとよろしいでしょうか?」と言われたのでドキッとした。もしかしてこのブログを読んでる人かなと思ったが、そうではないようである。私がルート66のストーリーのことを質問の時に言ったので声をかけてこられたようである。

 「ルート66の時のラジオ英会話のテキストをお持ちですか?」と聞かれたので、「あ、持ってますよ」と答えた。「私はそのときの放送を聴いていないので、ぜひテキストを見せていただきたいのですが・・・」と言われるので、「いいですよ。」と返答。伝説となってるルート66編のテキストをぜひ一目見たいと言う。「パラパラっと見て、それですぐにお返ししますから。」と言われるので、「なんならコピーをとってもいいですよ。カセットテープもありますし・・・。」と答えたが、そこまでは望まれなかった。ただ一目見たいとのことであったのだ。

 「また後ほど連絡させていただきますので・・・」と言われたのでメールアドレスを教えてあげたが、一週間経った今現在、まだ連絡はない。「一目見るだけでもいい」と熱心に言われただけにちょっと気になっているところである。もう少し待ってみようと思う。

 さて、今日(10/29)は衆議院議員の同級生K君の祝勝会である。どんな裏話が聞けるかとても楽しみである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月28日 (金)

会場からの質問

 今日は木曜日、ということで「3ヶ月トピック英会話~一日まるごと英語で話そう~」を視聴。美咲とアンジェラの掛け合いが面白く完全にはまっている。今日は自己紹介の表現を取り扱っていた。あっという間の20分であった。

 さて、大杉先生の講演会シリーズ。今日は「会場からの質問コーナー」ということで行ってみよう。日曜日のブログに書いたとおり、質問コーナーのトップバッターとして私が手を上げて質問したわけだが、会場からはその後3人の方が質問をされた。

 2番目に質問をされたのは、通路を挟んで私の隣に座っていた女性のEさん。Eさんはいきなり感情的なモードに入っておられたのでちょっとびっくりした。一時期、精神的につらい日々を送っていたEさんにとって「NHKラジオ英会話」だけが心の支えであったという。このことを涙ながらに訴えられたので、会場からは暖かい拍手が贈られた。彼女の質問は「大杉先生が尊敬されている人はどなたですか?」というものだった。

 先生の回答は「一に母親、二に家内」ということであった。「人から後ろ指を指されるような人になってはいけない」というのがお母さんの口癖で、わんぱくの4人の子供を育て上げたお母さんのことを何より尊敬しているということだった。また大杉先生の家では犬を飼っているそうだが、「社会性をもたない犬はダメである」と言ってその犬をきちんとしつけている妻に尊敬の意を抱いている!?ということを話された。

 3番目に質問をされたのはEさんの後ろの列に座っていたSさん(女性)。イギリスでの生活のことについて質問をされた。NHKラジオ英会話の講師を辞めるまで一度も海外生活を送ったことのなかった大杉先生にとって、イギリスでの一年間は本当に夢のようだったと語られていた。しかしイギリスの食事はやはり今ひとつだったのか?、「うまいものが食えなくたって、だから何てことはないんだよ」と開き直って言われていた。そのコメントが妙におかしかった。

 最後、4番目に質問したのは一番前に座っていた男子中学生。「出直し英語塾は現在、再放送中ですが、新シリーズの予定はないのですか?」という実にいい質問をしてくれた。大杉先生の回答。「2年間やって、実は原稿のネタが切れてしまってそれで終了したんですよ」(笑)と正直に語ってくれた。「あと6本くらいなら原稿を書けるかもしれないが、半年分(26本)となるととても無理ですねー」ということであった。

 「出直し英語塾」は毎回トピックが変わるのでネタ探しが相当大変みたいだ。大杉先生いわく「フラワーアレンジメントなんてまさに苦し紛れ」だったらしい。確かに大杉先生とフラワーアレンジメントなんて似合わないよなぁ。

 もっと質問コーナーの時間を長くとっても盛り上がったのは間違いないと思った。私も質問したいことはもっといっぱいあったのだが。

 さて明日は金曜日。あと一日仕事頑張ろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月26日 (水)

大杉先生の好きな言葉

 今日は夕方から本社勤務であったため、社内英会話はお休みした。再び研究所まで戻る気力がなかった。その分、車内音読を頑張った。

 夜はNHKテレビ「いまから出直し英語塾」を視聴。本人に会ったばかりなので、大杉先生により親しみを感じながらテレビを見た。今日のテーマは「英字新聞に親しもう」というもの。昨年も見たはずだがほとんどその内容を忘れてしまっていた。再放送も見る意味は多いにある。「Pub Starting Over」で学べる桂さん、牧瀬さんがうらやましいと思った。

 さて、大杉先生の講演会シリーズ、今日も話を続きを書こうと思う。英語学習をしている人には2通りのタイプがある。「一人でコツコツやるタイプの人」と「一人ではできないタイプの人」である。後者のタイプの人は語学学校に通って仲間を作ることを勧められた。英語学習のモチベーションを持続するために、国際交流活動になるべく参加すると良いということであった。ボランティアの団体がおすすめとのこと。私は一応「一人でコツコツやるタイプ」のようだが、やはり仲間をつくるのは大事なことだと思っている。語学学校は3月で辞めてしまったが、いつかまた復活したいと考えているところだ。

 講演会の最後に大杉先生が好きな言葉をいくつか述べられた。急いで書き取ったので多少英語が間違っているかもしれないが、以下に書いておこう。

「Our true nationality is mankind.」(H.G.ウェルズ)

「Learn from yesterday, left for today, hope for tommorow.」(ベンジャミン.フランクリン)

「Anyone who stops learning is old, whether at twenty or eighty.  Anyone who keeps learning stays young. The greatest thing in life is to keep your mind young.」(ヘンリー・フォード)

 特に最後の言葉は私も常々思っていることだ。自動車王と言われたヘンリー・フォードがこのような言葉を残しているとは知らなかった。私もいくつになろうとも学び心だけは忘れずに頑張って行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月25日 (火)

ラジオ英会話97年度のストーリー

 昨日寝るのが遅かったので、午前中は眠くて仕方なかった。お昼休みに仮眠をとって復活。午後からは仕事もはかどった。夜は本社に行き、専門科目の勉強会に参加。多くの人が参加していた。皆の熱心さに刺激を受けた。

 さて大杉先生の講演会シリーズ。今日は「NHKラジオ英会話」の裏話を書こうと思う。大杉先生は11年間に渡ってラジオ英会話の講師を務められたわけであるが、やめる1年半前にはスタッフに辞意を告げられていたと言う。「再来年には辞めますので後任を探しておいて下さい」と言われていたそうだ。それはやはり本職である大学教授の仕事がおろそかになってはいけないという思いと、まだ人気があるうちに押しとどめられてやめたかったという思いの2つが理由だったそうだ。確かに誰でも辞めるときは惜しまれて辞めたいものだから気持ちは分かる。

 しかし皮肉なことが起こった。大杉先生最後の年となる97年度のストーリーが話題沸騰で大注目を浴びたのである。この年のストーリーは一般のテレビドラマ顔負けと言っていいくらいの面白さだったのである。ニューヨークを舞台にロシア人の料理店・店主と日本人の妻。その妻に近づく一人の男性。ダンスに打ち込む息子・・・。ニューヨークを舞台に生き生きとした人間関係が描かれ、それはまさに映画でも見るような感じであったのだ。

 ストーリーの面白さから雑誌にも取り上げられ、どんどん注目度は高くなっていった。普通、NHK講座のテキストは4月号をピークにだんだん売れなくなるものだが、この年は全く逆の売上げカーブを描いていったのだ。12月になってもまだ売り上げ増が続いたというのだからスタッフの驚きぶりも分かる。

 このような状況だったため、スタッフから番組への慰留もあったらしいが、大杉先生としては引くに引けなかったようだ。まさに惜しまれて辞める形となったのであった。

 私個人的にも、この年のストーリーは93年度の「ルート66編」と並ぶ珠玉の作品と思っている。幸いこの年のストーリーは今も書店で求めることができる。興味のある方はご覧になってはいかがであろうか。

 P1000043

P1000045

←97年度のストーリーが一冊になっている
 (CD付き、3,500円。NHK出版)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大杉先生講演会つづき

 毎週月曜日は組合執行委員会で遅くなる。今日は第1回の代議員会。書記長として議事説明に務めた。かなりプレッシャーのかかる仕事だが終わったあとは充実感でいっぱいであった。

 さて、大杉先生の講演会(10/22)の話の続きをしよう。自称「ヘリウムより軽い」大杉先生の話はあちこちに飛んだが、最後には英語学習のコツを伝えられた。「英語学習の基本は本を読むこと」だとはっきりおっしゃられた。これをとりまく周辺の方法がいろいろとあるのだ、と。「本を読むのが大事」という言葉はかなりインパクトがあった。國弘先生はじめ「音読」の重要性を叫ばれる先生が多い中、ずばり「本を読むことが大事」と言い切られたのである。

 読むものは小説、エッセイ、車の本、料理の本、など何でもいい、よこしまな目的でもいいと言われた。先生が例に出されたのは『チャタレイ婦人の恋人』。この発禁本に興味をもった大杉少年は、伊豆の浜で原作を読んだそうだ。しかし語彙が難しすぎてどこがすごいのか分からずじまいだったそうだ(笑) このことも面白おかしく話されるので会場は大爆笑であった。

 「ものしり英語塾」11月号のテキストを見てみると、ちょうど「英語エッセイを読む」というコーナーがあり、そこにも「読むことは英語学習の基本です。」と書いてある。先生の信念がここからも伝わってくる。

 それから「英語の日記をつける」ことも話された。ただし、毎日毎日変化のない生活を送っていると日記をつけるのも飽きてくるので、日記を書くのではなく、声に出して言う訓練を始めたということであった。このことはラジオ英会話時代にも「What's New?」コーナーで話されたので知っていた。「Oral diary」と読んでらっしゃったな。

 そして大学時代はやさしい英語を毎日ベラベラしゃべったそうだ。英語の実況中継もよくされたらしく、女の子を見かけたら「Here comes a pretty girl!」などと言って歩いていたらしい。すると近所の人からは「独り言をいうおかしな人」という目で見られてしまい、下宿先のご主人から心配されたというエピソードを紹介された。この話も面白かったな。

 大学時代から本格的に英語学習をスタートされた大杉先生は、松本亨先生の「ラジオ英会話」を聴いたそうだ。まさかその後自分がラジオの教える側に回るだろうなんて夢にも思わなかったと言われていた。今や多くのファンがいる大杉先生、会場でもラジオ講座テキストを持ってきている人が多く見られた。

P1000041 ←大杉先生「ラジオ英会話」最後の月のテキスト(98年3月号) 私の宝物である。

 さぁ、明日も頑張っていこうっと。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月24日 (月)

フレッツ光プレミアムに変更!

 今日の午前中にADSLからフレッツ光プレミアムに変更した。インターネットがさらに快適になった! 思えばこのホームページを公開した2000年当時はまだISDNでつないでいたのだ。それから3年半前にADSLに変更し、ようやく今日、光接続に変更することができた。

 昨日の大杉先生の講演会の余韻に浸っていた一日だった。先生が言われたことは、「英語の学習とは、穴の開いたバケツで水を運ぶようなものだ」ということであった。普通にやっていたのでは、こぼれる水と継ぎ足す水が同じくらいになってレベルアップにならない。レベルアップのためには相当の水をどっと注ぐ必要があるのだ、と。しかも「英語学習にはゴールはない」のである。常に水を注ぎ続けなければならないのだ。「ま、(英語とは)どうせ長い付き合いなのだから、あまり気を張らなくていい」ともおっしゃった。その言葉で少しホッとした。これからも長いお付き合いをしていきますとも!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月23日 (日)

大杉先生の講演会、開催!

大杉先生の講演会が10/22(土)に熊本で開催された! 14:00~16:00のたっぷり2時間、楽しくてためになる講演会であった!! 400人近い聴衆と共に爆笑の渦の中、充実したひとときをすごすことができた。大杉先生のファンになって12年、ついに憧れのその人に会うことができ大感激であった(涙)。  

              P1000012ダンディなその姿は「出直し英語塾」で見る大杉先生そのものであった。講演会ではいろんな話をされたので、いっぺんにはとても書ききれない。これから毎日数回に分けて紹介していこうと思う。

 まず壇上に立っての第一声に注目。「実は、3年ほど前に転職をしまして・・・、今はパブのマスターをやってる大杉正明です。」という自己紹介に一同大ウケ。一気に場が和んだ。さすがだ。つかみはばっちりである。

 まず最初に「ラジオ英会話を聴いてた人はどれくらいいますか?」と質問された。大勢の人が手を上げた。やはり多くの人がラジオ英会話時代からのファンであることが分かった。「出直し英語塾を見てる人?」という質問になると若い人も多く手を上げた。「次に「テキスト買ってる人?」と聞くとほとんど手が上がらないんですよねぇ。」というのがオチであったが、もちろんテキストも買ってますよぉ。

 話されたのは、「自身の少年時代の話」、「NHK講座(特にTV「出直し英語塾」)の裏話)」、「自身が試された英語の学習法」などなど。「いまから出直し英語塾」の裏話は特に楽しかった。NHKのスタッフに「なんか番組のいいアイディアないですかねぇ」と聞かれ、昼食をとりながらいろいろ話していったら、「じゃ、それご自分でやりませんか?」と言われ、NHK講座に復活することになったという話であった。

 香坂みゆきさんはとても頭の回転が速く、また、桂かい枝さんは大変勉強熱心であったという。日本人が英語を頑張ればここまではやれるんだという典型的な例ではないかとおっしゃっていた。なるほど。 

 話はあちこち飛びながらも最後はちゃんと英語学習のコツを話して締められた。その辺の話はまた明日以降にでも。もちろん、オヤジギャグもいろいろ飛び出した。時間ぴったりに終わるところはさすがNHK講座の収録で鍛えてらっしゃるだけのことはある。

 その後は会場からの質問コーナーとなった。ここでトップバッターして質問したのはこの私。400人の会場の中で最初に手を上げるのは勇気のいることだが、あとからはいろんな人がどんどん手を上げて自分が当てられなくなってしまう可能性がある。それだけはどうしても避けたかったので思い切って最初に手を上げた。憧れの人・大杉先生とどうしても会話がしたかったのである。

 まずは先生への御礼がどうしても言いたかった。マイクを持って次のように言った。「大杉先生初めまして。私もラジオ英会話の世代で、97年度のN.Y.のストーリー、そして何と言っても93年度のルート66のストーリーには感銘を受けました。私の英語もまだまだですが、それでも少しは話せるようになったのは先生のラジオ講座のおかげです。まずは質問の前に御礼を言わせて下さい。どうもありがとうございました。」

 すると先生は「いやぁ、あなたのせいなんて言われるといやだけど、あなたのおかげなんて言われるとうれしいですねぇ。あのルート66のストーリーはずっとあたためていたんですよ。」とコメントしてくださった。大杉先生と会話している自分がうれしくて仕方なかった。

 そして質問。「英語学習を長く続けているとモチベーションが下がる時期、スランプの時期があると思うのですが、大杉先生はそれをどうやって切り抜けてこられましたか?」と聞いた。最近どうもスランプ気味の私。そこでこういった質問をしてみたのである。

 先生の回答。「私はモチベーションが下がる時間というのは短いんですよ。そんなときはあえて無理にやらないこと。名言集や短編集を読むといい。」と答えられた。「特に映画を見るのがいいですね。」と言われ、それからおすすめの映画を山のように言われた。「パッチアダムス」、「卒業」、「草原の輝き」、「真夜中のカウボーイ」・・・。何度見てもいいと言われたのが、「マイ・フェア・レディ」だった。おぉ、大杉先生もミュージカルを見るんだと感激! と思ったがオードリー・ヘップバーンの映画が大好きらしかった。じゃ、これをきっかけに多くの洋画を見てみようと心に決めた。

  P1000011           とにかく大杉先生とお話できたことが感激! うれしくて仕方なかった。講演終了後は握手をしてサインをもらいたいところであったが、次の予定があるということで足早に会場を後にされた。講演終了後もしばらくは興奮が覚めやらぬ状態であった。今日は自分の英語史の中でも特筆すべき日となった。

 この他にもいろんなことを話されたのであるが、それは明日以降に書いていきたいと思う。お楽しみに!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

更新できず

ネットの調子が悪く、携帯から書き込み中。大杉先生講演会の報告を楽しみにされてる方には申し訳ないが、今しばらくお待ちいただきたい。明日からは光接続となるので解決されるはずだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月22日 (土)

いよいよ明日

 今日も7:30出勤。この2週間、毎日1時間前出勤で頑張った。よくやった。今朝も誰もいないオフィスで「コエダス・アドバンス」を音読した。

 さあ、明日はいよいよ大杉先生の講演会。超たのしみである。どんな話をされるのか、どんなオヤジギャグが飛び出すのか、注目である。

 10年以上に渡って憧れの存在であった大杉先生についに会えるのである。野球少年が王や長嶋に憧れた気持ちとなんら変わるものではない。本当にわくわくする。

 明日の報告をお楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月21日 (金)

もう木曜日

 今朝も7:30出勤。誰もいないオフィスで一人「コエダス・アドバンス」の音読をした。とても気持ちよかった(^^)

 夜は「3ヶ月トピック英会話~一日まるごと英語で話そう~」を視聴。道案内の表現がたくさん出てきた。美咲みたいな感じで一日常に英語を口にしていたら上達も早いであろう。

 今週は月、火が出張だったため一週間が早く感じる。明日はもう金曜日。頑張っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月19日 (水)

3週間ぶりの社内英会話

 今日も朝7:30に出勤。そのため車内での「ものしり英語塾」聴取ができなかった。その代わり、「3ヶ月トピック英会話」の再放送を見ることができた。車内のテレビなので、走行中は音声だけを聞くことになるが、停車中に映像も楽しむことができた 社内英会話には3週間ぶりの出席。わずか20分の出席であったがとても楽しかった。私は人吉や京都の話をした。

 家に帰ると「コエダス・アドバンス」4回目の課題が返ってきていた。結果は満点。4回連続である。こうなったらあと2回、満点目指して頑張ろう。

 夜はテレビの「いまから出直し英語塾」を視聴。「ものしり英語塾」の方は夜に録音しておいたMDで聴取した。

 明日も頑張っていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰宅

 今日も京都のホテルから滋賀に行って仕事。夕方の飛行機で熊本に帰ってきた。その後、すぐ会社へ直行し、組合の執行委員会。11時まで頑張った。というわけでクタクタ。

 明日は久しぶりの社内英会話。楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月18日 (火)

京都にて

 今朝は京都から滋賀に移動して取引先の会社で仕事。ここに来るのは今年3回目である。今日はここで委託製造のとても重要な工程が行われるので立会いに来たのである。ずっと立ちっぱなしだったので疲れたが、とても充実していた。

 夜は会社仲間4人と京都駅前で飲んだ。とても楽しかったが、飲み会は3日連続なので胃がもたれ気味。明日は休肝日にしたい。

 明日も同じ滋賀の会社で仕事をした後、夕方の便で熊本へ。その後すぐに組合の会議に直行である。いつもは月曜日の組合会議だが私の出張のために火曜日に変更したのである。ハードスケジュールだが頑張っていこう。

 あ、英語は「コエダス・アドバンス」のテキストを持ってきているが、まだ京都ではやっていない。飛行機の中でやることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月16日 (日)

人吉から京都へ

 昨日(10/15)は人吉で組合産別の定期総会。熊本県人でありながら人吉に行くのは初めてであった。人吉城跡から見る市街は「小京都」の名にふさわしいもので、静かで赴きのある街並みであった。

 今朝は人吉から高速で熊本市の自宅まで戻り、3時半過ぎには熊本空港へ。大阪空港行きの飛行機に乗り、その後京都までやってきた。今、京都駅前のホテルから日誌を書いている。明日は朝から上司と2人で滋賀に行き、一日仕事をする予定だ。熊本に帰るのは10/18(火)の予定。

 バタバタしたがとても充実した週末であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月15日 (土)

健康診断

 今日(10/14)は健康診断のため日赤へ。特に悪いところはないが、毎年会社負担で受けさせてくれるので今年も行ってきた。バリウムさえなければ楽勝なんだけどな。でも無事終わってホッとした。

 午後からは会社も休みをとっていたので街ブラ。平日に街に出るのもいいものだ。明日は組合が所属している産別の総会。人吉まで行ってくる。熊本県人でありながら人吉まで行くのは初めてのこと。ちょっと楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月13日 (木)

講演会整理券

 うちの会社の始業時間は8:30で、いつもは8:00過ぎくらいに出勤するのであるが、この3日間は朝7:30に出勤した。週末に読んだ自己啓発本『頭がいい人、悪い人の仕事術』の影響である。やはり1時間も早く職場に来ると気持ちいいものだ。その日の仕事の段取りはできるし、誰もいないので英語の音読だってできる。今日も「コエダス・アドバンス」の音読をオフィスでやったがとても気持ちよかった(^^) 来週以降も続けたい。挫折しないといいが・・・。

 家に帰ると大杉先生講演会の整理券が届いていた。この学校主催の著名人講演会は毎年のように開催されているが、整理券が配られるのは初めてのことだ。松本茂先生の時でも、長崎玄弥先生の時でも東後勝明先生の時でさえも整理券が配られたことはなかった。大杉先生のファンが熊本にこんなに多くいることをうれしく思う。いよいよあと一週間あまり。楽しみだ。

 夜は「3ヶ月トピック英会話」を視聴。今日もキュートな美咲に萌え萌え(^^) 楽しみながら英会話のレッスンを受けられるのでうれしい。パジャマ姿かわいかったな・・・ってなんか目的間違ってないかい?(笑) 

 明日は日赤で健康診断を受けるため会社はお休み。週末はハードスケジュールだ。頑張っていこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月12日 (水)

いまから出直し英語塾(再)

 今夜は暑い。この頃暑くなったり涼しくなったりするから調節が難しい。しかも今日は台風の影響で風も強い。

 毎週水曜日の社内英会話はJ先生の都合で今日はお休み。その分「コエダス・アドバンス」第5巻を頑張った。家に帰って何気なくTVをつけると大杉先生の「いまから出直し英語塾」を放送していた。去年の再放送をやっているとは今まで知らなかった。復習にはもってこいなのでこれからも見ることとしよう。今日は「和製英語」の特集であった。「hairmake」、「play guide」などの和製英語が出てきた。

 今後はラジオのみならずテレビでも大杉先生にお世話になろう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

3連休明け

 3連休明けの仕事でさすがに体がだるく感じた。夜は組合・執行委員会。今日はてきぱきと司会進行をすることができ、9時15分に終了した。この調子で今後も頑張ろう。

 今日から通勤中に「コエダス・アドバンス」の第5巻を聞き始めた。今朝はいつもより早く出勤したので、大杉先生の「ものしり英語塾」は聴くことができなかった。録画していたMDで聞くことにしよう。

 家に帰ると「TIME」購読の案内が来ていた。英検1級を目指すには「TIME」くらい読まないとダメかなと思いつつ、いつも躊躇してしまう。今、「100万語に挑戦」シリーズをやっているので読解はそちらに集中した方が良いだろう。

 明日も頑張って行きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3連休終了

 3連休終了。本当にのんびりできた3日間だった。

 今日は午後から街ブラ。いつものように「カフェ・レガル」で読書三昧であった。久しぶりに「100万語に挑戦」シリーズの英文読書。今日の本は「Pocahontas」というタイトルのもの。タイトルだけでは内容が分からなかったが、イギリスのアメリカ植民地支配を背景とした恋愛物語であった。いつもながらこのシリーズはタイトルがおもしろくなさそうなものほど実際読んでみると面白い。これで総語彙数がおよそ9万語となった。これからも暇を見つけては読んでいこう。

 夜はやっと録画しておいた「ハートで感じる英文法」を視聴。最終回を見ることができた。「There is構文」と「so that構文」、「SVOO構文」のココロを分かりやすく解説してくれた。「SVOO構文」はその根底に「何かをしてあげる」というニュアンスが潜んでいると言う。「I'll teach her English.」だったら、単に「彼女に英語を教えます」ではなく、「英語を教えてあげるんです」みたいなニュアンスがあるらしい。面白いなと思った。このシリーズ、今回で最終回というのはもったいない。またいつか復活してくれることを望む。

 リフレッシュできた3連休だった。明日からも仕事頑張っていこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 9日 (日)

コエダス・アドバンス4回目課題完了

 この連休は本当にリラックスして過ごしている。今日はお昼からオープンしたばかりの「ダイヤモンドシティ・クレア」へ行ってきた。明日のグランドオープン時は大混雑するだろうと思って、プレオープン中の今日、行ってきたのである。

 県内最大、九州最大級のSC(ショッピングセンター)とあって話題性も高く、多くの人でにぎわっていた。広くてきれいでハイセンス、なかなか良いところだ。しかし商店街と映画館だけではすぐに飽きがきそう。観覧車なんかがあればデートスポットとして定着するのではと思った。土地はあるだけに、遊園施設を設ければ絶対あたると思う。

 夜になって「コエダス・アドバンス」の第4目の課題に取り組んだ。前回よりは少し難しく感じるが、悩む問題はほとんどなかった。明日投函しよう。これで全課題の3分の2が終了したことになる。早いものだ。

 まだ「ハートで感じる英文法」の録画分は見ていない。そろそろ見ないと連休も終わってしまうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 8日 (土)

3連休初日

 今日から3連休。この3連休は仕事もなく、組合の行事もなく久しぶりにのんびりできそうだ。今日はファミレス・ガストに行き、ドリンクバーだけで3時間粘った。「読書の秋」だからね。

 今週の「ものしり英語塾」、ジェームス天願先生のコーナーは「ホテル・カリフォルニア」がテーマ曲であった。この曲、結構好きでたまにカラオケで歌ったりもする。しかし英語の歌詞は難解で今まで意味が分からないでいた。しかし今日の天願先生の解説を聞いてびっくり。「この歌詞の本当の意味は作詞者にしか分からないでしょう」と言われたのである。それぐらい抽象的な歌詞なのである。じゃ、これからも意味も分からず歌っていこう(笑)

 今日は「コエダス・アドバンス」の第5巻のテキスト、CDが送られてきた。そろそろ送ってくるだろうなと思っていたところである。第5巻は「知人を訪ねて外国へ」というテーマになっている。 今月も頑張りたい。第4巻の課題もこの連休中にやり上げなければ。あと「ハートで感じる英文法」の録画分も視聴しないとね。

 明日ものんびりと休日を過ごすつもり。また読書三昧と行きたい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 7日 (金)

3ヶ月トピック英会話

 朝から英会話クラスメイトのKさんから連絡があった。社内英会話クラス、来週はJ先生の都合でお休みになるという。ということは2週連続で英会話ができないというわけだ。残念! 次は10月19日となる。その日まで口がなまらないようにしておこう。

 NHKテレビ「3ヶ月トピック英会話」は、4~6月の再放送が始まった。美咲とアンジェラの物語、前期は最後の方しか見ていないので、再放送は大歓迎である。美咲もアンジェラもキュートなので、つい毎週見てしまいそうだ。実用的な口語表現をいろいろ教えてくれるのがうれしい。今日は「I'm fed up.」、「Give me a break!」などが出てきた。これからのストーリー展開が楽しみだ。

 録画しておいた「ハートで感じる英文法」は3連休中に見てみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 5日 (水)

社内英会話欠席

  今日は夕方から本社で仕事。そのため研究所での社内英会話には出席できなかった。毎月最初の水曜日はJ先生に月謝を払っているので、それはクラスメイトのKさんにお願いした。今日はどんな話で盛り上がったかな? 今朝はいつもより早く出勤したので、7:45には会社に到着した。そのため「ものしり英語塾」も聴けずじまいだった。録音してるMDで聴けばいいのだが、明日も放送されるのでやはり通勤中に聞くことにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャズに学ぶ英語

  今日は仕事で忙しかった。組合に仕事にと充実した毎日だ。

 今朝の通勤中はちゃんと「ものしり英語塾」を聴くことができた。今日のテーマは「ジャズに学ぶ英語」。ジャズはあまり知らない私だが、それでも大杉先生の影響で少しは興味を持つようになった。でも先生はミュージカルには全く興味ないみたいだなぁ。「ラジオ英会話」時代もジャズはよく出てきたけど、ミュージカルは出て来なかったし。これで「ミュージカルで学ぶ英語」なんて特集をしてくれたら最高にうれしいのだが。

 10/22の講演会ではどんな話が飛び出すのやら。本当に楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 4日 (火)

新・執行部

 今日から新・執行部で組合活動がスタート。書記長として執行委員会の司会を務めた。最初はバシッと決めようと思ったが、なかなかうまくはいかないものだ。これから「効率よい会議の進め方」を研究してみようと思う。

 今夜は遅くなったのでまた明日。「出直し英語塾」、今日は聞き逃した。明日聞こうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 2日 (日)

充実した週末

 充実した週末だった。土曜日の組合大会では、書記長としてデビュー。活動方針、予算の説明をした後、フロアから質疑の嵐。ひとつひとつの質問に回答していくのは大変であったが、最後は議案が無事承認されて一段落。ほどよい充実感でいっぱいだった。夜は打ち上げ。遅くまで飲み明かした。残暑が厳しく10月とは思えない暑さであり、ビールがおいしかった。さあ、一年間書記長として頑張ろう。

 今日、日曜日はサッカー観戦のためKKWINGへ。Kyuリーグ最終節、ロッソ熊本は2位FC琉球との対戦。勝った方が優勝という優勝決定戦となり、応援する方も気合が入った。いつもは静かに観戦している私だが今日ばかりは熱くなり、声を張り上げて応援。その甲斐あって、1-0で勝利! Kyuリーグ優勝が決まった。ここ数試合、不甲斐ない試合が続いていただけに、優勝が決まった瞬間は自然と涙腺が緩んでしまった。今年の目標はKyuリーグ優勝ではなく、あくまでJFL昇格。11月からが本当の戦いだ。でも、今夜だけは勝利の美酒に酔いしれたい。おめでとう、ロッソ熊本!

 英語は今週末はお休み。組合大会も終わったことだし、これからまた頑張っていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

明日、組合大会

 今日(9/30)は研究発表会、明日(10/1)は組合大会である。2日連続で発表が続く。書記長となるので大会議案を発表しなくてはならないのだ。発表原稿は今さっきようやく完成。どんな質問が飛び出すかは分からないが、精一杯頑張ろう。

 夜は大会打ち上げの予定。明日はロッソ熊本も優勝を決めるはずだから優勝祝いも兼ねて飲み明かしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »