« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月30日 (日)

Sherlock Holmes

 ゴールデンウィーク2日目。今日も朝マックをして英文読書に励みました。読んだのは『シャーロック・ホームズ短編集』です。ホームズシリーズ中、傑作として名高い『The Speckled Band(まだらの紐)』を初めて英語で読みました。平易な英語にもかかわらずスリル満点の展開を楽しむことができました。この本にはあと2本の短編が載っていますので、順次読んで行きたいと思います。

 朝マックの後は近くの公園のベンチで音読をしました。読んだのは「ラジオ英会話・ルート66編」です。私にとって学習の中心になっているシリーズです。放送から13年の月日が流れましたが今でも私にとっては大事な教材です。明日も引き続き頑張りたいと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月29日 (土)

The Piano

 今日からゴールデンウィーク、私は会社の同僚の結婚式に出席してきました。その後はスターバックスで一人読書を楽しみました。読んだのは『The Piano』という本で、天才ピアニストAnthonyの生涯を描いたものでした。

 今日は半分くらい読もうかなと思ったのですが、読み始めると面白くてあっという間に1冊読みきってしまいました。700語レベルの本なのですが、こんなに生き生きとした文章が書けることにいつもながら感心します。

 これで4月は4冊の本を読んだことになります。だんだん読書スピードが上がってきたような気がします。次は大好きなシャーロック・ホームズの本を読む予定です。こちらも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月28日 (金)

いよいよゴールデンウィーク

 明日からゴールデンウィークです。昨年、一昨年はGW中も結構出勤があったのですが、今年は9日間たっぷり休めそうです。英語の本もいっぱい読みたいと思います。あと口がなまらないように音読も頑張りたいです。

 さて昨日の「ものしり英語塾」は再び戸田奈津子さんをゲストに迎えてのインタビューコーナーでした。週1本、年間40本以上の作品を手がける戸田さんはまさにスーパーウーマンです。それくらいやれば英語力もメキメキつきますよね。まさに「英語はhowではなく、how much」だということを実感しました。私もペーパーバックを年間40冊くらい読めるようになりたいものです。

 ゴールデンウィーク、とにかく量をこなしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月27日 (木)

大阪出張

 昨日は大阪に出張でした。飛行機や電車の中で読もうと思って『The Piano』という本をカバンにしのばせていたのですが、とうとう読む機会はありませんでした。夜に読もうかと思ったのですが、取引先の方から道頓堀に連れて行かれ(^^)、遅くまで接待をされてしまい、ホテルに帰るとバタンキューでした。

 しかし夜の道頓堀はいいですね。いつも大阪出張の時は梅田で飲んでいましたが、これからは絶対に道頓堀にします。こっちの方が庶民的で雰囲気が気に入りました。GWまであと一日、頑張ります。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年4月25日 (火)

アガサ・クリスティーの生涯

 先週の水曜日は組合関係の取材があり、社内英会話に出席できませんでした。明日は大阪に出張でまたも社内英会話に出席できません。2週連続欠席になるのはちょっとつらいです。しかもその翌週はゴールデンウィークなのでお休み。ということで、4週間も間が空いてしまうのです。口がなまらないようにしっかりと音読をしておきたいと思います。

 先週の土日は「英文音読100万語シリーズ」に挑戦しました。読んだ本は『Agatha Christie, Mystery of Woman』というタイトルのもので、アガサ・クリスティーの生涯を描いたものでした。彼女が小説に興味をもつようになったきっかけから結婚、離婚、そして再婚といった私生活、売れっ子作家になるまでの過程などが描いてあり、とても面白かったです。

 今回から語彙数を一段階上げ、700語レベルにしました。しかしこれまでの400語レベルと変わらないくらいスラスラ読めました(たった700語レベルなので当たり前ですが・・・)。読書総語数も14万語を超えました。しかし100万語にはまだまだですね。次は『The Piano』という本を読む予定です。面白そうなタイトルなので楽しみです。

 では、明日は大阪で仕事を頑張ってきます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

ものしり英語塾~戸田奈津子

 今日の「ものしり英語塾」馬越先生のコーナーはあの戸田奈津子さんをゲストに迎えてのインタビューでした。字幕翻訳家として著名な戸田さん、英会話もペラペラなので、なんとなく帰国子女のようなイメージをもっていましたが、そうではなく独学で英語の達人になったようです。そこはちょっと意外でした。

 「とにかく英語が下手だった」と何度もおっしゃっていました。洋画が大好きで英語にふれるようになり、実践の場に出ることによってどんどん英語力つけていったそうです。やはり英語は習うより慣れろですかね。

 来週もインタビューの続きがあるので楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月19日 (水)

翻訳の依頼

 仕事中、いきなり携帯がなりました。何だろうと思ったら以前、ボランティア通訳の仕事を私に依頼されたKさんからでした。「今日、明日中に翻訳してもらいたい論文があるのでお願いできませんか?」と言われびっくり。英文和訳の依頼だったのです。

 このKさん、何でも突然に頼まれるので困ってしまいます。一昨年のボランティア通訳も水曜日に依頼されて日曜日に通訳でしたからね。あれに懲りて私も慎重になっているのですが、今回は今日か明日までにという依頼。いくらなんでも無理です。「この業界はいつも突然仕事がやってくる」と言われていましたが、本当にそうなのでしょうか? うちの会社は通訳を雇うときは何週間も前に打ち合わせを開始しますけど・・・。

 愚痴っぽくなりましたが、英語の仕事を依頼されるのはとてもうれしいことなのです。私もできることなら引き受けて力になりたいです。でもいつも時間がなさすぎます。せめて土日を挟んでくれたらと思いましたが、締め切りが明日ということでお断りせざるを得ませんでした。残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月17日 (月)

「英文読書100万語に挑戦」シリーズ

  今日は朝マックをして「英文読書100万語に挑戦」シリーズに再び取り組みました。読んだ本は『Christmas in Prague(プラハのクリスマス)』というタイトルのもの。家族内の過去の秘密が徐々に明かされていくというミステリーものでした。最近読んだ2作品が今ひとつだったこともあり、この作品はかなり面白く感じました。これで読んだ本はやっと20冊、総語彙数は13万語を超えました。次からはStage2(700語)にレベルアップして読書を続けていこうと思います。

 今日は天気が良かったので朝マックの後は近くの公園で英文音読を行いました。音読したのは「ラジオ英会話」1993年度のストーリー、そう「ルート66編」です。やっぱり外で音読するのは気持ちがいいです。いい季節になってきたのでこれからは野外音読も頑張りたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月15日 (土)

OB訪問

 今日は午前中、労働組合の会議がありました。うちの会社はこれからが春闘本番なので頑張りどころです。

 夕方からはOB訪問にきた女子学生に会社の説明をしてきました。それがとっても熱心な学生で、いろんなことを根掘り葉掘り聞かれました。どうしてもうちの会社に入りたいということで熱く語ってくれました。その姿にこちらも感動を覚えたほどです。私もぜひうちに来てほしい、自分が人事担当なら絶対に採用したいと思うほどの人でした。

 それにしても女子大生って初々しいですね(^^) その初々しさをいつまでも持ち続けていてほしいです。5月に試験があるということですので、心より合格を祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和訳チェックの仕事

 今週も多忙でしたが、充実した1週間でした。今日も英語関係の仕事が少しありました。派遣社員Iさんに和訳してもらった文書をチェックするというもの。IさんはTOEIC900点以上の実力者なので和訳はほぼ完璧なのですが、うちの会社の専門用語に関しては詳しくないので、そこを私がフォローしてあげるというものでした。これからもたびたびIさんにはお世話になると思うので、専門用語についてもきっちりフォローしておきました。ホント、この頃うちの会社には英語の達人が増えました。水曜日に登場したYさんといいほとんどが派遣ですけどね。もっと正社員も英語を頑張らないとダメですね。

 明日の午前は組合会議があるので本社に行かなくてはなりません。夕方はOB訪問してくる大学生に会社の概要説明をします。いろいろありますが頑張りますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

社内英会話~新メンバー

 書類作成がなかなか片付かなかったため、社内英会話クラスには最後の20分だけの参加となりました。今日は派遣社員の女性・Yさんが体験レッスンとして参加してくれました。このクラス、今月から正社員以外のパートや派遣社員にもオープン参加を認めることになったのですが、こうしてさっそく効果があると頑張って人事課長と交渉した甲斐があったというものです。

 YさんはTOEIC900点以上の実力の持ち主とのこと。最後の方しか参加できなかったので、彼女の英語は少しだけしか聞けなかったのですが、確かにうまかったです。「What's new?」のコーナーで、私は労働組合の話をしたのですが、ちゃんと話題について来て質問までしてくれました。すばらしい! 

 男性メインのこのクラスにこうして女性実力者が加わってくれることはマンネリ打破にも大変良いことです。今後も参加してくれることを祈ります。最後に感触を聞いたら割と前向きの返事をもらえたので次回もきっと来てくれるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

ものしり英語塾~辞書編

 今日の「ものしり英語塾」、大杉先生の講義は先週に引き続き辞書の話でした。いろんな辞書の検索例が載っており、辞書の面白さを再認識させる内容でした。大杉先生、今回の原稿を書くにあたって、書店を何軒もまわり、数十冊の最新の辞書を見てみたとのこと。すごいですね。大先生がそこまで調べるのだから、私達学習者はもっともっと頑張らないといけないと思いました。次回の講義も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

英文読書

 土日はゆっくりと仕事の疲れを癒やすことができました。昨日は朝マックをして読書。心やすらぐひとときを過ごしました。4時間もねばっていろんな本を読みました。仕事の専門雑誌、組合の賃金関係書類、劇団四季の会報、サッカー情報誌、韓国に関する話題の本など。英語関係では「ものしり英語塾」と「英会話上級」のテキストを復習。また「英文読書100万語シリーズ」の一環として読んでいる『Under the Moon』という本も読みました。

 今日は街ブラを楽しみました。紀伊國屋書店に『TOEICスコア別ペーパーバック特集2006』という無料配布の冊子が置いてあったのでもらってきました。あの大西泰斗先生の記事が載っていたのです。「基本的に読まないとと英語ができるようにはならない。僕はこう思っているんですよ」と読書の必要性を強調されていました。「この文が書けるか?を自分に問いかけながら読んでいくと英語力がグングン上がっていくと思います」と述べられていました。確かにその通りですよね。

 紀伊國屋書店では『英検1級合格!私の方法』(小林伸治著、明日香出版社)という本を購入。スターバックスで半分近く読みました。46歳にして英検1級に通ったサラリーマンの体験談ですが、とても刺激になりました。やはりサラリーマンをやりながら英検1級に通るにはそれなりの対策と学習が必要なのだなと実感。私もそろそろ受験を再開しようと思っているので、いい時にいい本に出会えたなと思います。

 スターバックスでは『Under the Moon』の続きを読み、そのまま完読。これでOxford Book Wormシリーズ19冊を読破したことになり、総語彙数も12万語を超えました。でも目標の100万語はまだまだ遥か彼方ですね。あと一冊、20冊目まではStage1(400語レベル)で行きますが、その次からはStage2(700語レベル)にレベルアップします。英検1級を目指す以上はいつまでも初級レベルで停滞しているわけにはいきませんからね。今週も頑張って行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 7日 (金)

週末です

 金曜日です。今週も忙しかったけど充実した一週間でした。特に仕事、組合関係では充実していました。英語関係でも新人勧誘を行うなど精力的に頑張りました。また今週からNHK新講座がスタート。「英会話上級」は遠山先生の軽快な語り口に魅せられました。今年度はこの番組と「ものしり英語塾」の2本立てで頑張りますよ。明日は朝マックでもしてのんびりと読書を楽しみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 5日 (水)

新人勧誘

 新年度となり、うちの会社にも新入社員が入ってきました。昨日、さっそく新人さん相手に講義をする機会があり、ついでに社内英会話クラスのことも宣伝しました。今年の新人は結構反応が良く、講義の後、数人から質問を受けました。その中のTさん(女性)はさっそく今週から参加したいとのことで大変うれしく思いました。やはり英会話クラスのマンネリ化を防ぐためには新人さんの参加が必要です。

 この英会話クラス、4月からは正社員以外のパートや派遣社員にもオープン参加を認めることになったのですが、こちらもさっそく反応がありました。派遣社員のYさんが来週、体験レッスンを受けたいと申し出てくれました。うれしい限りです。このYさん、TOEIC900点以上の英語の達人とのことです。こんな人が入ってくれるとクラスも活性化して楽しくなるんではないかと思います。

 この頃、うちの会社は英語力のある人を派遣社員として雇用しています。ちょっと前までは私よりTOEICスコアが上の人はほとんどいなかったのですが、今は900点以上の派遣社員がいっぱいいます。今朝は同じ職場のOさんから「ジュンイチ君は900点以上のスコアを持ってるんだってね」と言われてしまいました。誰が言ったか知りませんが、社内でそういう噂になってるようなのです。私は最高865点だし、ここ数年は受験すらしていないのでそれを聞いて恥ずかしくなりました。社内でそんな噂が立つ以上はTOEIC900点はもう絶対取らないとまずいなと思いました。もちろん英検1級も。これは自分自身への業務命令だと思って頑張りますよ。

 さて、今日から社内英会話は時間帯がやや変更となり、18:00~19:00が初級者コース、19:00~20:00が中級者コースとなりました。それぞれ10分ずつ短くなったのです。時間が減るのは量が重要な英会話にとっては不利ですが、その分、J先生への謝礼も少なるので運営的には非常に助かります。今日はお花見の話や観光ツアーの話、Sさんの北海道旅行の話などで盛り上がりました。大変楽しいひとときでした。このクラス、今年度も盛り上げて行きますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

ものしり英語塾~今年度もスタート

 4月から新たに「ものしり英語塾」がスタートしました。「シニアのための」という言葉がとれて、ジュニアでも聴けるようになりました。今日は大杉先生の講義、英語の辞書についてのお話でした。松本先生の文法コーナーは去年と同じ内容ですが、復習のためにもちゃんと聴こうと思います。遠山先生の「英会話上級」は明日にでもゆっくり聴いてみます。今日はもう遅いのでこれくらいで。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

4月です

 4月となりました。今年も3分の1が終了したわけでとても早く感じます。熊本は桜が満開。今日はどこもお花見でにぎわっていることと思います。

 最近は会社の同僚から英語の質問をいろいろ受けるのでうれしい悲鳴を上げています。昨日も先輩から英文チェックを頼まれたのですが、A4の紙3枚にぎっしり英文が書いてあり、チェックに1時間かかりました。やはり単数、複数のミスが多いです。「each」は単数扱いなのですが、その先輩はそこが混乱しているようでした。多忙な状況の中、英語のチェックを依頼されると自分の仕事が中断してしまうのですが、人の英語を読むことは大変勉強になるので快く引き受けるようにしています。

 今日は朝マックをして「英文読書100万語シリーズ」に挑戦しました。今日読んだ本は『Under the Moon』というタイトルのもの。未来の地球の話なのですが、なかなか面白いです。その頃の地球の上空には「人工オゾン層」というものができているのですが、ここに穴が見つかって、人類が危機にさらされるという話。まだ途中までですので、時間を見つけて続きを読みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »