2007年1月 5日 (金)

『坊っちゃん』

 今日から仕事もフル出勤。さすがにちょっと体がダルかったです。

 最近、『坊っちゃん』の英語版を読んでいます。毎朝、熊本放送のラジオで「坊っちゃん」の朗読(日本語)が流れるのですが、これが面白いんです。アナウンサーの方が登場人物になりきって朗読されるので、その面白さにハマってしまいました。文字で読むと旧字体だらけで面白くないなと思っていた「坊っちゃん」ですが、朗読で聞くとこんなに面白いとは驚きました。さすがは夏目漱石の代表作です。

 そこでさっそく紀伊國屋書店で英語版(「Botchan」~ジョエル・コーン訳。講談社インターナショナル)を購入し、英語でも楽しんでいます。こちらも面白いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月31日 (日)

2006年を振り返る

 2006年も残すところ今日1日となりました。毎年恒例ですが、ここでこの1年を振り返ってみたいと思います。

 1月、今年の目標を英検、TOEICの受験再開としました。残念ながら、この目標は達成できませんでした。仕事では翻訳業務が舞い込みました。2月には上司からいきなりアメリカ出張を告げられるも、結局キャンセルとなりました。この時期はNHKテレビ「ハートで感じる英文法」にもはまっていました。コエダス・アドバンスの修了証が届き、達成感が得られました。

 3月には人事課長に交渉し、社内英会話の参加対象者をパート、派遣にも拡大してもらいました。これにより派遣社員Yさんが入会してくれました。4月にはこのブログの文体を常体から敬体に変更しました。より親しみやすさを感じてもらいたいとの思いからでした。

 5月はGW中に多くの本を読みました。また、K/Hシステムがマイブームとなりました。6月にはうちの英語会議で雇う通訳者の稟議を書きました。2人2日間で55万円! いい商売です。7月は出張続きでした。またココログのメンテ中でブログの更新がほとんどできませんでした。8月には再び英文添削の仕事が回ってきました。よく頑張ったと思います。

 9~10月は忙しくてほとんど英語に手がつかず、そんな中でも社内英会話は頑張りました。11月、社内英会話の通算出席回数がついに400回となりました! 私にとって大きな誇りです。また本ホームページのアクセス数が9万を突破しました。そして6周年を迎えるというメモリアルな月でした。12月は何といってもスイス出張が大きな出来事でした。仕事へのモチベーションが大きく向上しました。

 こうやって振り返るといろいろありましたが、英語学習量としては完全に不足しているなというのが正直な感想です。海外出張をきっかけにさらにモチベーションを上げて行きたいと思っています。

 1年間どうもありがとうございました。来年はさらなる飛躍の年にしたいと思っています。皆様、どうぞよいお年をお過ごし下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

祝・6周年!

 本日、ホームページ開設から6周年を迎えました。先日は9万アクセスをヒットしたばかりですので、今月2回目の節目の日となりました。次は7周年、8周年・・・を目指して頑張っていきます! 継続こそが英語力向上の鍵ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

文化の日

 文化の日です。私は明日、明後日と仕事が入ってしまったので、3連休はなく、今日だけがお休みとなってしまいました。1日だけの休みを有効に使おうと思って今日は早起きし、読書に励みました。「読書の秋」ですものね。

 英語関係で読んだのは『Robinson Crusoe』(ロビンソン・クルーソー)です。デフォーの有名な小説ですので、皆さんご存知と思います。私も中学生くらいの頃に読んで無人島生活に憧れたものです。今日は全部は読めませんでしたので、時間を見つけて続きを読みたいと思います。

 それから「ものしり英語塾」の11月号テキストにパラパラと目を通しました。大杉先生のコーナーは「秋の夜長の恋愛表現」、「数を使った決まり文句」が今月のテーマです。このブログには最近書いてませんが、大杉先生のコーナーだけはちゃんと欠かさず聴いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

9万アクセス!

 昨日は社内英会話400回目の出席という節目の日でしたが、今日は本ホームページが9万アクセスをヒットし、2日連続で節目の日となりました。多くの皆様のアクセス、本当に感謝しております。

 最近はブログの更新が中心のため、リンク元の「英語学習ページ」のヒット数は伸び悩んでいるのですが、それでも足かせ6年で9万件もアクセスがあったことは大変うれしく思っております。これからも頑張って更新して参りますのでどうぞよろしくお願いします。

 そういえば先週末、「英文読書100万語シリーズ」の一冊を読破しました。『Huckleberry Finn』(ハックルベリー・フィン)です。「トム・ソーヤの冒険」の続編にあたるものです。私は大学時代、この作品のミュージカル版に取り組んだこともあり、個人的にとても思い入れのある作品となっています。当時を懐かしく思い出しながら一冊読み切りました。これからも100万語読破を目指してどんどん読み進めて行きますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

ついに400回!

 本日も社内英会話に出席しました。今日は記念すべき400回目の出席でした。10年半かけて400回、よく頑張ったと思います。もちろん私にとっては通過点でしかありません。次は500回を目指して出席し続けたいと思います。

 人数が減ってきているこのクラスですが、12月から1人増えることになりました。M君が勧誘を頑張ってくれました。さらにもう1人増えるかもしれません。今日メールでプッシュしておいたので入会に傾いてくれるとうれしいです。

 今日のクラスの話題は私が先日訪れた鳥取県境港市のことなどでした。水木しげるロードのことはみんな知っていました。今や全国区の人気スポットですね。楽しいひとときでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

今週の社内英会話

 今週の社内英会話は、私が観たミュージカル「風と共に去りぬ」の話で盛り上がりました。メンバーのほとんどがストーリーを知らなかったのですが、M君だけは本を読んだことがあるようでした。「A story of a selfish woman(笑)」と痛烈に批判していました。確かにスカーレット・オハラはわがままなところが見受けられます。愛情ではなく私欲のために結婚したりするわけですからね。作品名は有名でも読んだことがある人は少ないことが分かりました。でも最期のセリフ「Tomorrow is another day」はみんな知っていました。「明日は明日の風が吹く」という言葉は有名ですものね。

 今週も楽しいひとときでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月19日 (木)

車内音読~K/Hシステム

 最近は通勤中、「K/Hシステム」のCDをずっと聴いています。『究極の英語学習法』(アルク)の著者、国井信一さんと橋本敬子さんの頭文字をとって「K/Hシステム」と呼んでいるものです。

 通訳者の勉強法を英会話に応用したやり方です。ひとつの課題文を徹底的に繰り返すのが特徴で、シャドーイング、リプロダクション、やまと言葉落とし・・・とさまざまな学習法が紹介されています。明日も頑張りたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

社内英会話~メンバー増対策

 今日も社内英会話に出席しました。この頃どんどんメンバーが減っているこのクラス。どうしたら増えるのでしょうか? 今日はそんな話もJ先生としました。

 対策として4月には派遣社員やパートの参加もOKとしましたが、それも一時的な効果でしかありませんでした。やはり一般の人にはこのクラスはレベルが高い、と思われているようです。つまり敷居が高いと見られているのです。そのため、初心者専用のクラスをつくる提案がJ先生からなされました。もともと前半が初級者コース、後半が中級者コースとなっているのですが、その辺はあいまいになっている実情があります。そこで、完全に初心者に的を絞ったクラスを作ろうという案が出たのです。

 私はこのクラスの幹事なので、今回出た案も含めメンバー増対策をいろいろやって行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

昨日の英会話

 昨日は1時間たっぷりと社内英会話に参加することができました。話題は組合大会のことや安部総理の「美しい国つくり」のことなどでした。楽しいひとときでした。

 最近、このクラスのメンバーが減りつつあります。このまま行くと再来月から赤字になってしまうので、会費の値上げを検討中です。今まで一度も値上げなしで運営してきましたが、こうも人数が減ると決断せざるを得ないところまで来ています。すでに一部のメンバーにはその可能性を示唆しておきました。

 もっとメンバーを増やしたいのですが、なんせ研究所は本社に比べて従業員の絶対数が少ないので、なかなか増えません。何かよいアイディアはないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧